とにかくドッグフードを食べない

ヨークシャーテリアのメス(2歳)ですが、とにかくドッグフードを食べてくれません。口も小さいため、普通の小型犬用のドッグフードは見向きもしてくれず、体重4kg以下の超小型犬用を与えておりますが、ドッグフードだけで食べてくれることは。まずありません。また、食事に対する熱意も薄く「ヨシ!」と言っても、2?3分は食べ始めません。今までいろいろな犬を飼ってきましたが、こんなに食事に熱意がない犬は初めてで、いつも困っています。

子犬の頃から食が細く、大人しい犬でした。飼い主(私)が出かけたりすると、それだけで不安から胃炎になり、毎回のように血が混じった嘔吐物を吐きます。そのため門脈シャントを疑われて検査をいたしましたが、今のところ異常はありませんでした。また、「体重が2kgになったら避妊手術をしましょう」と言われていたのですが、2歳になっても1.7kgと軽量なまま。おかげで麻酔が怖くて避妊手術にもなかなか踏み切れずに困っています。もっと食べて欲しいのですが、胃腸も弱いため、あまり無理に食べさせることもできず、量も食べられないので、栄養価の高いエサを与えるようにしていますが、同じ味が続くと食べなくなってしまうようです。

とにかく、いろいろなメーカーのドッグフードを試してみました。(本当はいけないのかもしれませんが)ロイヤルカナン、デビフ、ドットわん、シュプレモ、ナチュラルチョイス、プッチーヌ・・・。しかし、どれもそのままでは食べてくれず、毎回、鶏肉のササミを湯がいてほぐしたものとミックスして与えていますが、器用にササミだけを選んで食べてしまいます。また、口コミなどで好評なカナガン等は、粒が大きすぎて食べてくれません。というか口に入りません。少し大きめなドッグフードはナイフで刻んだり、すりこぎで潰してあげないと口に入らず手間がかかりるため、最近はもっぱら「超小型犬用」しか買っておりません。また、胃炎の後は、必ず血便になるので、そういう時はササミとご飯を煮て作る雑炊を与えています。キャベツとササミを煮たものをトッピングすると食いつきはいいのですが、2日続くと飽きるようで、食べなくなります。
まだまだ悩みは続きそうです。

ごはんを食べさせても遊んでしまう

先月ダックスフントの2ヶ月になる仔犬を養子に迎えました。まだ固いものが噛めないので、ドッグフードを毎回お湯でふやかして与えていますが、ご飯を食べさせようとしても遊んでしまって思うように食べてくれません。後でペットショップの人に相談したところ、「まだ小さいので成犬のように集中してご飯を食べないことはよくありますよ。」と言われたのですが、しっかり食べないと成長できなんじゃないかと思うととても不安です。

まだ2ヶ月足らずで母犬の元から話されてしまったので、おそらくママのことが恋しいのだと思います。食パンの形をしたぬいぐるみをあげているのですが、ママのおっぱいだと思って毎日のようにチュパチュパ吸い付いています。あと、他の兄弟犬と競争したこともなかったのでしょう。早くご飯を食べないと無くなってしまうという意識が薄いのか、ご飯をあげていても一口食べてはおもちゃで遊んで、もう一口食べては他のおもちゃを取りに行ったりとご飯を食べている時は本当に気の赴くままに振る舞っています。おもちゃがたくさん部屋に置いてあることも一因です。当の本人はご飯をもらっている時は人間が普段以上に構ってくれているという意識があり、わざということを聞かないようにしているように見えます。

ご飯は仔犬用の粒の小さいものをあげていますが、現在まだ乳歯が生え揃わないので、お湯でご飯をふやかしてさらにフォークで潰すようにしています。まだまだミルクの味が恋しいので、トッピングにパピーミルク(仔犬用)をふりかけています。そしてそれでも食べない時用にペットショップのお姉さんが教えてくれらのですが、ささみ味のペーストを上にかけて本人(犬)には差し出します。当の本人はふりかけの部分を先に食べてそれが無くなると「ママ、ふりかけがなくなったよ」と言わんばかりの顔をしますが、一口ずつミルクとペーストを乗せて30分くらい時間をかけてご飯をあげています。成犬になれば犬によっては朝と夜2回の食事で基本的に良くなるので、後もう少しの辛抱ですが、それでも少しずつ最近は食べてくれるようになったので良かったと思います。

1年半ほどで体重がかなり増えて

我が家に迎えてから、6年目になる柴犬の雄です。運動量が落ちていないのにも関わらず、ここ1年半ほどで体重がかなり増えています。
最近では日課の散歩も以前は、私か妻を自ら散歩に行こうと誘って来ていたのに、こちらから散歩に行くよと声をかけないと行こうともしません。
家にいてもストーブの前から動こうとせず、ただごろごろとしてあくびばかりしてるようです。
元気すぎるのも考えものでしたが、もう少し自発的に運動をしてくれないだろうかと気になっています。

見た目は少し太ったかな?程度だったのですが、昨年いつもお世話になっている動物病院に別の理由でかかった時に体重を量っていただいたのがきっかけでした。
このままのペースで増え続けると成人病になっちゃうかもと言われ、食事と運動の両方を見直すようにアドバイスをいただき、夫婦で話し合いをしました。
話し合ってみて、そういえば妻が散歩中に近所の方から少し太っちゃったのかな?いいもの食べてるのねぇと言われたなど、客観的な意見も聞けました。
また義母が隠れておやつを与えていたことも発覚し、そのことも原因の一つだったのかもしれません。
毎日一緒に過ごしているとちょっとずつの変化には、なかなか気が付けないものなのでしょう。

一日1回約40分程度の散歩だったのを、一日2回40分程度に増やしました。日中のおやつも与えることをやめて、冬の雪が降る日は室内で運動させるようにと義母とも話をしました。食事に関しても動物病院の先生の勧めで購入したドッグフードのみを与えるようにしたのですが、なかなか食べてもらえずいまだに苦労しています。それでも体重が増えていくので、もう一度検査していただいたのですが、どこにも異常は無いとの事でした。これからまた散歩の時間を増やそうと思っているんですが、なかなか行く気になってもらえずすぐに家の中に入ろうとしてしまうので、少しあきらめ気味です。犬用のサプリメントなどを試してみたいと思っていますが、どのようなものを与えたらいいか、思案中です。

食が細くてこまっています

決まった時間に食事を与えても興味を示さず食べようとしません。体型はやせ形ですぐに食べなかったとしても引きあげるのにはどうも抵抗があります。朝晩の二回ですが、半日以上かけて食べています。以前は食事で「お手」「待て」等のしつけをしていましたが興味のない状態では難しいものがあります。運動量は毎日30分程。5キロほどの1才小型犬です。健康状態も心配ですが、喜んで食べてくれない食事を与えることに不安を感じます。このままの状況が長く続くのではないかと気になります。

犬のために準備をした食事がお昼になってもまだお皿の中に残っていたりします。少し手にとって食べさせれば食べるのですが、直にぽろぽろと口から出してしまいます。夏に向かい気温も暑くなってきました。衛生管理という面では腐ったりしないだろうか、蟻などの虫が寄ってこないだろうか、と気になってきます。子犬の頃は元気にガツガツと食べて、その姿を見るのも楽しかったのですが、最近は「ご飯だよー」と言ってお皿に入れてもチラッと見る程度です。餌の種類を変えてみることを検討した方が良いのではないかとも考えていますが、ブリーダーさんから勧められていた餌で変えるのには抵抗があります。これから益々暑くなりますので喜んですぐに食べてくれるとありがたいです。

しつけをするためにご褒美をあげていたりしました、決まった場所できちんとおしっこをしたら卵ボーロみたいな小さなおやつを1つ、きちんとお留守番ができたら戻ってきたらまた1つと言うような具合でした。思い切ってご褒美を止めてみたりもしましたがあまり効果はありませんでした。ご褒美をおいしそうな卵ボーロからシニア用の餌に変えました、シニア用の餌はカロリーが低く設定されていることから味もあまり美味しくないだろうと考えたからですが変わりがありませんでした。思い切って餌の時間を変えてみたりしましたが変わりありませんでした 。現在はご褒美は少なめにしたものの朝出した食事はお昼まで残り、夜に出した食事は深夜まで残っています、早朝まで残っていることもあります。食べないわけではない状況てす。

不用意に食べ物を与えないか

引っ越しをするにあたり、愛犬を実家に残して来ることになりました。家には両親が住んでいます。今までもとても可愛がってくれていてこれからも世話をしてくれることになっているのですが、可愛がりすぎてついついなんでも食べ物を与えがちだったので今後も食べ物を与えすぎないかとても心配です。ドッグフードのみならず人間が食べるものも分けてしまうことがあり、見かけるたびに与えないようにお願いしたのですが、今後は見ていられるわけではないので油分や塩分などのとり過ぎになってしまうのではないかと思っています。

きっかけは引っ越しです。今まで住んでいた実家は持ち家だったのですが、引っ越し先が賃貸なのでペットを飼うことが出来ないため愛犬と一緒に暮らすことが出来なくなりました。家族がドッグフード以外の食べ物を与えていることはしばしばあったのですが、その時はすぐに「やめてほしい」、「犬にとって体に良くないものだから」と注意することでやめてもらえていたので、私も家族も今までその場で済んだものと思いあまり気にしていなかったように思います。早いうちからもっと厳しく注意しておけば良かったのかもしれません。特に最近は人間は大丈夫でも犬には毒になるものもあると聞いたので、それを理解して与えているかがとても不安になっています。

やはり元気な姿を見せてもらうのが一番だと思い、毎日とまでは言いませんがマメにメールで写真や動画を送ってもらうことにしました。食べ物の与えすぎで太ったり病気になったりしたらすぐに分かると思いますし、元気な愛犬の姿を見られることがとても嬉しくて、安心できます。何より写真を見るたびに懐かしくてとても癒されます。写真だけでなくメールで文章をやりとりすることにより、最近の愛犬の様子や、余計な食べ物をあげてないかといった会話も出来るようになりました。人間の食べ物の中には犬にとっては毒なものもあるから、不用意に食べ物を与えないで欲しいということもよく話すことが出来、安心して愛犬を両親に任せられるようになったと思います。